コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ペーター大聖堂 せいペーターだいせいどう

1件 の用語解説(聖ペーター大聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

せいペーターだいせいどう【聖ペーター大聖堂】

ドイツ南部のバイエルン州東部、オーバープファルツの中心都市レーゲンスブルク(Regensburg)旧市街の中心にそびえる大聖堂。大戦の被害を免れたレーゲンスブルクは1500もの歴史的建造物が残り、世界遺産に登録されているが、その中心的な存在がこの大聖堂である。バイエルン州を代表するドイツゴシック建築の代表でもある。この大聖堂が着工したのは1275年だが、尖塔以外が完成したのは1634年、尖塔の完成は1869年のことだった。聖堂内部には13~14世紀の色とりどりのステンドグラスがある。また、回廊に隣接する2つの礼拝堂は大聖堂本体よりも古く、一つは8世紀にも遡るといわれている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖ペーター大聖堂の関連キーワードベルヒテスガーデンシュバーベンバイエルンエッタール修道院オーバーアマーガウオーバーアマガウプリーンミッテンワルトワルハラ神殿バイエルン国立管弦楽団

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone