大戦(読み)たいせん

精選版 日本国語大辞典「大戦」の解説

たい‐せん【大戦】

〘名〙 大いに戦うこと。また、おおじかけの戦争。大規模な戦い。大戦争。特に、第一次あるいは第二次世界大戦をいうこともある。
※聖徳太子伝暦(917頃か)下「海表之国、興軍大戦、西方大国将東方小国
※帝都復興に関する詔書‐大正一二年(1923)九月一二日「世界空前の大戦に処し、尚克く小康を保つ」 〔書経‐甘誓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大戦」の解説

たい‐せん【大戦】

参加兵員の多い激しい戦争。また、広範囲にわたって行われる大規模な戦争。特に、第一次大戦または第二次大戦をいう。
[類語]交戦対戦決戦応戦抗戦一戦夜戦白兵戦前哨戦実戦有事戦時非常時乱世事変革命戦争非常いくさたたか戦役せんえきえきへい兵馬へいば兵戈へいか干戈かんか会戦合戦かっせん交戦戦火兵火戦乱兵乱戦雲戦塵せんじん戦禍せんか戦闘

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android