大戦(読み)たいせん

精選版 日本国語大辞典「大戦」の解説

たい‐せん【大戦】

〘名〙 大いに戦うこと。また、おおじかけの戦争。大規模な戦い。大戦争。特に、第一次あるいは第二次世界大戦をいうこともある。
※聖徳太子伝暦(917頃か)下「海表之国、興軍大戦、西方大国将東方小国
※帝都復興に関する詔書‐大正一二年(1923)九月一二日「世界空前の大戦に処し、尚克く小康を保つ」 〔書経‐甘誓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android