コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖リプシメ教会 セイリプシメキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

せいリプシメ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【聖リプシメ教会】

Sb. Hripsimei ekegheci》アルメニア北西部の古都エチミアジンにある教会。アルメニアで布教し、殉教した聖リプシマを祭る。7世紀に建造。現存する同国最古の教会建築の一つとして知られる。2000年に「エチミアジンの大聖堂と教会群及びズバルトノツの古代遺跡」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。リプシメ教会。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android