コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖尋 しょうじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聖尋 しょうじん

?-? 鎌倉時代の僧。
鷹司基忠(たかつかさ-もとただ)の子。真言宗。醍醐寺(だいごじ)三宝院の聖尊(しょうそん)法親王にまなび,岳西院の定耀(じょうよう)に灌頂(かんじょう)をうける。元亨(げんこう)2年(1322)東大寺別当となり,のち醍醐寺座主(ざす),東寺長者法務をつとめた。通称は東南院僧正。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

聖尋の関連キーワード聖珍法親王元弘の乱鷹司基忠鎌倉時代笠置山

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android