鷹司基忠(読み)たかつかさ もとただ

朝日日本歴史人物事典の解説

鷹司基忠

没年:正和2.7.7(1313.7.30)
生年:宝治1(1247)
鎌倉中・後期の公卿。父は摂政鷹司兼平。母は権大納言藤原実有の娘。康元1(1256)年叙爵。翌年従三位(非参議)に叙して公卿に列す。累進して弘長2(1262)年には内大臣,文永2(1265)年右大臣,同5年従一位に昇る。同年末左大臣になり,また関白・氏長者となった。基忠の昇進は早いが,九条家の没落がその一因をなしている。また氏長者としての実権は父の兼平が握っており,基忠は名目上の長者にすぎなかった。5年後に摂関・氏長者をやめ,一時太政大臣に任じるが,これ以後は散官であった。正和1(1312)年出家。法名理勝。円光院殿と称す。

(本郷和人)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android