コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷹司基忠 たかつかさ もとただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鷹司基忠 たかつかさ-もとただ

1247-1313 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
宝治(ほうじ)元年生まれ。鷹司兼平の子。文永5年従一位。同年から10年まで関白,弘安(こうあん)8年から10年まで太政大臣。円光院入道前関白とよばれる。正和(しょうわ)2年7月7日死去。67歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鷹司基忠

没年:正和2.7.7(1313.7.30)
生年:宝治1(1247)
鎌倉中・後期の公卿。父は摂政鷹司兼平。母は権大納言藤原実有の娘。康元1(1256)年叙爵。翌年従三位(非参議)に叙して公卿に列す。累進して弘長2(1262)年には内大臣,文永2(1265)年右大臣,同5年従一位に昇る。同年末左大臣になり,また関白・氏長者となった。基忠の昇進は早いが,九条家の没落がその一因をなしている。また氏長者としての実権は父の兼平が握っており,基忠は名目上の長者にすぎなかった。5年後に摂関・氏長者をやめ,一時太政大臣に任じるが,これ以後は散官であった。正和1(1312)年出家。法名理勝。円光院殿と称す。

(本郷和人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

鷹司基忠の関連キーワード春日権現験記絵巻春日権現霊験記春日権現験記良信(2)鷹司冬平鷹司冬教増仁聖尋聖忠

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android