聘・誂(読み)あとう

精選版 日本国語大辞典の解説

あと・う あとふ【聘・誂】

〘他ハ下二〙
① 結婚を申し込む。妻として迎える。
※書紀(720)履中即位前(図書寮本訓)「納采(アトフル)こと既に訖りて住吉(すみのえ)仲皇子を遣して吉日を告げしめたまふ」
② 誘う。
※書紀(720)雄略三年四月(前田本訓)「武彦を廬(いほ)城河に誘(アトヘ)(たし)ひて、偽(あさむ)きて使鸕鷀没水補魚(うかはするまね)して、因て其不意(ゆくりもなく)して打ち殺しつ」
③ 頼む。注文する。あつらえる。そそのかす。あとらう。
※書紀(720)履中即位前(寛文版訓)「瑞歯別皇子陰(ひそか)に刺領巾を喚して之に誂(アトヘ)て曰はく『我が為に皇子を殺せ。吾必ず敦く汝に報ん』といふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android