コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住吉 すみよし

18件 の用語解説(住吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住吉
すみよし

兵庫県神戸市東灘区の一地区。旧村名。 1950年神戸市に編入。地名の由来は住吉神社所在地であることによる。六甲山地南斜面と,大阪湾にのぞむ住吉川の扇状地から成り,芦屋市とともに阪神屈指の高級住宅地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すみのえ【住吉/住之江/墨江】

大阪市住吉(すみよし)の古称。[歌枕]
「―の岸による浪よるさへや夢のかよひぢ人めよくらむ」〈古今・恋二〉
(住之江)大阪市南西部の区名。昭和49年(1974)住吉区から分区して成立。西部は埋め立て地

すみよし【住吉】[地名]

大阪市の南西部、住吉区・住之江区あたり一帯の地名。古くは「すみのえ」と称されたが、平安初期以降「すみよし」とも読まれるようになったもの。
大阪市南部の区名。昭和18年(1943)阿倍野・東住吉を分区し、同49年住之江を分区した。住宅地。臨海工業地帯。住吉大社などがある。
住吉大社」の略。
箏曲(そうきょく)。寛政12年(1800)以前に山田検校が作曲。住吉大社参詣を主題としたもの。

すみよし【住吉】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「住吉」姓の人物
住吉具慶(すみよしぐけい)
住吉如慶(すみよしじょけい)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

すみよし【住吉】

山形の日本酒。酒名は、大阪の住吉大社にちなみ命名。「金住吉」「銀住吉」は吉野杉の甲付樽で仕上げる特別純米酒。ほかに純米大吟醸酒、純米酒などがある。味わいは辛口。原料米は山田錦、美山錦、ササニシキなど。仕込み水は飯豊(いいで)山系の伏流水。蔵元の「樽平酒造」は元禄年間(1688~1704)創業。所在地は東置賜郡川西町大字中小松。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

すみよし【住吉】

大阪市南西部,上町(うえまち)台地南端一帯の地名。現在の大阪市住吉区に比定される。古くは大阪湾の入江で住江(吉)(すみのえ)と呼ばれ,墨江(すみのえ)とも書かれた。またその港は墨江津,三津(みつ)といわれた。記紀によれば崇神天皇のころ,付近に依網(よさみ)池がつくられたとされ,古くから開けていたようである。古代には朝鮮半島との往来,遣唐船の出発地など海外交通の重要な港であり,また航海守護の神として知られる住吉大社が鎮座し,参詣する人々でにぎわった。

すみよし【住吉】

狂言謡の曲名。小舞(こまい)としても舞われる。摂津の国住吉神社(住吉大社)付近の情景をうたった短章の歌謡。別称《爰(ここ)は住吉》,古称《舟形》。若衆歌舞伎踊歌に類似の詞章が見える。古くは狂言の中でも舞われたらしいが,現在では独立の小舞としてのみまれに演じられる。ゆったりとしたテンポと特殊なビブラートを伴う至難の曲で,型(所作)もゆったりとした中に微妙な変化がある。【羽田 昶】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すみよし【住吉】

◇ 大阪市南部の区。東部の台地は住宅地、西部は大阪湾の埋立地で、臨海工業地帯。住吉大社がある。
◇ 大阪府南部の旧郡名。大阪湾に臨む一帯の地。古くは「すみのえ」と呼ばれ、平安初期以降「すみよし」として定着。難波なにわ三津の一つとして栄えた。⦅歌枕⦆ 「 -の松にたちよる白浪のかへる折にや音は泣かるらむ/後撰 恋二
箏曲の一。山田検校作曲。住吉神社参詣を題材とした中許し物。

すみよし【住吉】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の住吉の言及

【海人】より


[系統と分布]
 日本民族の形成過程のなかで,かなり明瞭にあとづけられるのは南方系であり,インド・チャイニーズ系とインドネシア系に大別されよう。前者は,古典にみえる阿曇(あずみ)系およびその傍系である住吉系漁労民で,中国南部の閩越(びんえつ)地方の漂海民の系統をひき,東シナ海を北上し,山東半島から遼東半島,さらに朝鮮半島西海岸を南下し,多島海,済州島方面を経て玄界灘に達する経路をたどったと推定される。後者は,宗像(むなかた)系海人と呼ばれ,フィリピン付近海域から黒潮の流れに沿ってバシー海峡,台湾,沖縄,奄美諸島などサンゴ礁の発達した島嶼(とうしよ)を伝って南九州に達したと考えられ,古典にいう隼人(はやと)系に属する。…

【住江(住吉)】より

…歌枕。大阪市住吉区に墨之江町の名が残る。《古事記》の仁徳天皇条に〈墨江(すみのえ)之津を定め……〉とある。…

※「住吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

住吉の関連キーワード大井大畑大平大窪大町大和田大通大沢大富大通北

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

住吉の関連情報