コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聚珍版 シュウチンバン

大辞林 第三版の解説

しゅうちんばん【聚珍版】

活字版の異名。中国清代に、乾隆帝が四庫全書中の善本の活字版にこの名を与えたのに始まる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の聚珍版の言及

【印刷】より

…しかし清朝の康熙時代に,来朝していたイエズス会士の指導によって銅活字が作られ,これによって《古今図書集成》など大部の印刷物が政府の手で刊行された。しかしその後まもなくこれらの銅活字は地金として流用されてしだいに失われたため,乾隆帝の時代には多数の木活字が作られ,《武英殿聚珍版叢書》などが印刷された。〈聚珍版〉は活字印刷を意味する。…

※「聚珍版」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

聚珍版の関連キーワード武英殿聚珍版叢書農桑輯要乾隆帝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android