コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聚珍版 シュウチンバン

2件 の用語解説(聚珍版の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅうちん‐ばん【×聚珍版】

《中国清朝で、四庫全書善本を活字版にするとき乾隆(けんりゅう)帝からこの名を賜ったところから》活字版。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の聚珍版の言及

【印刷】より

…しかし清朝の康熙時代に,来朝していたイエズス会士の指導によって銅活字が作られ,これによって《古今図書集成》など大部の印刷物が政府の手で刊行された。しかしその後まもなくこれらの銅活字は地金として流用されてしだいに失われたため,乾隆帝の時代には多数の木活字が作られ,《武英殿聚珍版叢書》などが印刷された。〈聚珍版〉は活字印刷を意味する。…

※「聚珍版」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone