聴風軒草浪(読み)ちょうふうけん くさなみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聴風軒草浪 ちょうふうけん-くさなみ

?-? 江戸時代後期の狂歌師。
江戸にすみ,鶴廼屋乎佐丸(つるのや-おさまる),宿屋飯盛(やどやの-めしもり)(石川雅望(まさもち))に師事して,五側の判者となる。編著に文政10年(1827)刊行の「狂歌三才図会」など。和泉(いずみ)(大阪府)堺出身。姓は金井。名は寛。別号に夏の屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android