コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金井 かない

7件 の用語解説(金井の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金井
かない

新潟県西部,佐渡市中部の旧町域。佐渡島中部,大佐渡山地南東麓,国中平野に位置する。1960年町制。2004年両津市など 1市 6町 2村と合併し,佐渡市となった。島内有数の米産地。中心集落の千種(ちぐさ)には離島農業技術センター,総合病院などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かない〔かなゐ〕【金井】

姓氏の一。
[補説]「金井」姓の人物
金井延(かないのぶる)
金井美恵子(かないみえこ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かない【金井】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金井
かない

新潟県佐渡(さど)郡にあった旧町名(金井町(まち))。現在は佐渡市の中央部を占める一地区。1954年(昭和29)金沢村と吉井村の大部が合併して金井村と改称、1960年町制施行。2004年(平成16)、両津(りょうつ)市および佐渡郡の相川(あいかわ)町、佐和田(さわた)町、新穂(にいぼ)村、畑野(はたの)町、真野(まの)町、小木(おぎ)町、羽茂(はもち)町、赤泊(あかどまり)村と合併して佐渡市となる。旧金井町は佐渡島の大佐渡山地南麓(なんろく)の国中(くになか)平野に位置する。国道350号が通じ、大佐渡スカイラインの登り口にあたる。千種(ちぐさ)地区は、佐渡病院、佐渡女子高等学校などのある国中の中心街で、近くには県立農業総合研究所佐渡農業技術センターもある。順徳(じゅんとく)上皇の黒木御所跡、千種弥生(やよい)住居遺跡など旧跡も多い。[山崎久雄]
『『金井町史』(1979・金井町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金井の関連キーワード両津佐渡新潟県佐渡市小木新潟県佐渡市沢崎新潟県佐渡市達者新潟県佐渡市中興新潟県佐渡市中原新潟県佐渡市願新潟県佐渡市真野新潟県佐渡市八幡

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金井の関連情報