コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職業病としての膀胱がん しょくぎょうびょうとしてのぼうこうがん

家庭医学館の解説

しょくぎょうびょうとしてのぼうこうがん【職業病としての膀胱がん】

 ベンジンやβ(ベータナフチルアミンという化学物質を扱う職業に従事する人の約1割前後に、膀胱がんが発生するといわれていて、1972年以降ベンジンやβナフチルアミンは製造、使用が禁止され、現在は姿を消しています。しかし、潜伏期間が長いため、現在でもこれによるがんが発生することがあります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報