コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膀胱癌 ぼうこうがんbladder cancer

5件 の用語解説(膀胱癌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

膀胱癌
ぼうこうがん
bladder cancer

尿路に発生する癌のうち,最も多い。 50~60歳代に多く見られ,患者の男女比は3~5:1と男性に多い。発生原因は不明だが,染色,プラスチック化学工業等に携る人に多いとの説もある。自覚症状としては血尿が最も多く見られ,頻尿,排尿時の痛み,残尿感などと続く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼうこう‐がん〔バウクワウ‐〕【×××癌】

膀胱の粘膜に発生する癌。血尿がみられる。アニリン系染料・ベンジンなどを扱う職業やヘビースモーカーに発生率が高いといわれる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

膀胱癌【ぼうこうがん】

膀胱腫瘍(しゅよう)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうこうがん【膀胱癌 bladder cancer】

膀胱粘膜上皮に発生する悪性腫瘍で,膀胱腫瘍の90%以上を占める。膀胱腫瘍には,このほかに悪性腫瘍である膀胱肉腫や良性の平滑筋腫などがあるが,きわめてまれである。また良性の膀胱乳頭腫は,再発をくり返す性質などから,臨床的には悪性の膀胱癌に準じて取り扱われている。50~60歳代の男性に多く,尿の発癌物質が関与していると考えられている。ベンジジンナフチルアミンのような芳香族アミン長期間接触する者に膀胱癌が多発することが知られており,このような職業性膀胱癌は色素工場従事者に多くみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうこうがん【膀胱癌】

膀胱に発生する悪性腫瘍。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の膀胱癌の言及

【癌】より

…インドなど,タバコやビンロウの実や葉をかむ習慣のある地方では口腔癌が多発している。エジプトやイラクに膀胱癌が多いのは,エジプトジュウケツキュウチュウ(住血吸虫)症がその誘因をなしている。
【癌の発生と成長】
 癌はしばしば,診断を受けてから1年も経ないうちに命を奪うので,癌細胞がいったんできたら非常に急速に大きくなるように思えるが,それはかなりのところ誤解である。…

【職業癌】より

…皮膚癌は,鉱油や石炭熱分解産物取扱い者やX線取扱い者にみられる。肺癌起因物質にはヒ素,タール,ピッチ,クロム塩(とくに3価クロム),ニッケルが,膀胱癌起因物質にはα‐,β‐ナフチルアミン,ベンジジンがある。近年注目されているのはブレーキライニングや建築用スレート,保温材などの石綿(とくにクロシドライト)による肺癌と胸膜,腹膜の中皮腫である。…

※「膀胱癌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

膀胱癌の関連情報