肌刀/膚刀(読み)ハダガタナ

デジタル大辞泉の解説

はだ‐がたな【肌刀/膚刀】

懐中に持つ小さな刀。懐剣(ふところがたな)。
「懐を探しけるに、案のごとく―をさしてあり」〈浮・武家義理・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はだがたな【肌刀】

懐中に持っている守り刀。懐刀ふところがたな。 「喧嘩と言へば一番駈け、-差いた様な人/浄瑠璃・夏祭」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android