コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懐中(読み)カイチュウ

デジタル大辞泉の解説

かい‐ちゅう〔クワイ‐〕【懐中】

[名](スル)
ふところ、またはポケットの中。また、そこに入れて持っていること。
「山道の往来に論語を―して」〈蘆花思出の記
懐中物」の略。
(接頭語的に用いる)携帯用の小型の物。「懐中電灯」「懐中本」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいちゅう【懐中】

( 名 ) スル
ふところやポケットの中。また、そこに入れること。 「 -をさぐる」 「 -して来た翻訳物を取出し/浮雲 四迷
「懐中物」の略。 「人の-を抜くのがスリで/吾輩は猫である 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

懐中の関連情報