懐中(読み)カイチュウ

  • かいちゅう クヮイ‥
  • かいちゅう〔クワイ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
ふところ、またはポケットの中。また、そこに入れて持っていること。
「山道の往来に論語を―して」〈蘆花思出の記
懐中物」の略。
(接頭語的に用いる)携帯用の小型の物。「懐中電灯」「懐中本」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ふところやポケットの中。
※凌雲集(814)神泉苑花宴賦落花篇〈嵯峨天皇〉「点珠顔綴駘吹、入懐中、嬌態閑」
※古今著聞集(1254)四「大臣、御製をとりて懐中に入たまひけり」
② (━する) ふところやポケットに入れること。
※平治(1220頃か)下「ほそき所を盛安になげ給ひしを、取りて懐中するとみて」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「彼奴(きゃつ)の懐(クヮイ)中をお為ごかしで御用心であづかりおいた中から」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

懐中の関連情報