コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝小葉

栄養・生化学辞典の解説

肝小葉

 肝臓の組織学的な単位で,径1mm前後の短六角柱もしくは短五角柱の形状をしている.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内の肝小葉の言及

【肝臓】より


[血管とリンパ管]
 肝臓の血管系の大きな特徴は,動脈―毛細血管―静脈という一般的な動静脈系に門脈系が付加されていることであろう。固有肝動脈から酸素に富む動脈血と,消化管と脾臓から送られてきた門脈血が,別々に肝門から肝内に流入し,肝小葉辺縁で両者が合流する。肝臓に流入する動脈血と門脈血の量比は3対7であり,いかに門脈血が多量であるかがわかる。…

※「肝小葉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

肝小葉の関連キーワード降水確率予報粒度血圧サプロぺルエレガンスセンチュウアンモナイト類電子ペーパーMEMSマイクロマシン

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone