コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝細胞がんの再発と多中心性発がん かんさいぼうがんのさいはつとたちゅうしんせいはつがん

家庭医学館の解説

かんさいぼうがんのさいはつとたちゅうしんせいはつがん【肝細胞がんの再発と多中心性発がん】

 肝細胞がんは、完治させることができても、再発することが少なくありません。
 この再発には、多中心性発がんという、がんの発生のしかたがかかわっていると考えられています。多中心性発がんは、1つの臓器に複数のがん病巣が発生する現象のことで、同時に発生することもありますし、時期を異にして発生することもあります。
 問題は、時期を異にして発生してくる多中心性発がんで、治療後に再発する肝細胞がんのかなりのものがこれではないかと考えられています。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android