コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝臓カテーテル法 かんぞうカテーテルほう hepatic vein catheterization

1件 の用語解説(肝臓カテーテル法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肝臓カテーテル法
かんぞうカテーテルほう
hepatic vein catheterization

肘または大腿などの末梢静脈から,細いカテーテル下大静脈を経て肝静脈に入れ,直接に肝臓から出た血液を採取して,肝臓の血流量,肝臓の内圧,肝臓の代謝機能などを調べる方法。カテーテルから造影剤を注入してX線撮影を行い,肝臓内の血管造影をすることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肝臓カテーテル法の関連キーワード肝静脈大腿筋脱血中心静脈栄養静脈栄養大腿静脈半奇静脈末梢静脈栄養末梢非経口栄養心臓カテーテル手術

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone