下大静脈(読み)かだいじょうみゃく(英語表記)inferior vena cava

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下大静脈
かだいじょうみゃく
inferior vena cava

人体では最大の静脈で,第5腰椎前面において左右総腸骨静脈が合して形成され,腹大動脈の右側を上行し,第8胸椎の高さで横隔膜を貫いて胸腔に入り,心臓の右心房に注ぐ。下半身静脈血のほか,腰静脈,腎静脈,肝静脈などの静脈血を集める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐だいじょうみゃく〔‐ダイジヤウミヤク〕【下大静脈】

腰椎下端部で左右の下肢の静脈が合流するところに始まり、さらに腎静脈・肝静脈などから血液を受け入れ、右心房に送るまでの静脈の本幹。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かだいじょうみゃく【下大静脈】

魚類以外の脊椎動物で胸部以下の下半身の血液を集めて右心房に送る静脈。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かだい‐じょうみゃく ‥ジャウミャク【下大静脈】

〘名〙 脊椎動物の下半身の血液を集める静脈の本幹。哺乳類では、右左の総腸骨静脈の合流に始まり、横隔膜を貫いて右心房に注ぐ。腎静脈、肝静脈などが合流する。後大静脈。⇔上大静脈。〔解剖辞書(1875)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android