コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝臓腫脹 かんぞうしゅちょう

百科事典マイペディアの解説

肝臓腫脹【かんぞうしゅちょう】

肝腫とも。肝臓の大きくなった状態をいう。心臓性の鬱血(うっけつ)肝,胆汁鬱滞(うったい),肝炎白血病,肝寄生虫症,肝癌肝膿瘍(のうよう)など種々の肝疾患時に認められる。また肝硬変の初期にも認められ,これは進行すると肝は次第に縮小する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

肝臓腫脹の関連キーワードマラリア

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android