コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝臓腫脹 かんぞうしゅちょう

百科事典マイペディアの解説

肝臓腫脹【かんぞうしゅちょう】

肝腫とも。肝臓の大きくなった状態をいう。心臓性の鬱血(うっけつ)肝,胆汁鬱滞(うったい),肝炎白血病,肝寄生虫症,肝癌肝膿瘍(のうよう)など種々の肝疾患時に認められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

肝臓腫脹の関連キーワードマラリア肝硬変

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android