コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬱血 ウッケツ

3件 の用語解説(鬱血の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うっ‐けつ【鬱血】

[名](スル)静脈の血液の流れが悪くなって滞留する状態。静脈の一部が強く圧迫されたり、詰まったりして局所的に起こることが多いが、心臓の力が弱まって全身的に起こることもある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鬱血【うっけつ】

静脈の還流障害により,静脈内に血液のたまっている状態。局所的鬱血は,腫瘍(しゅよう)などによる圧迫や血栓(けっせん)などの血行障害で起こり,局部は暗青色を呈し(チアノーゼ),温度が下がり,静脈や毛細血管がふくれる。
→関連項目充血心不全僧帽弁閉鎖不全症窒息床ずればち指

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うっけつ【鬱血 congestion】

静脈血が異常に増加した状態で,静脈の狭窄,血栓などによる閉塞,外からの圧迫などの通過障害により,静脈血が局所から流出することが妨げられたときにおこる。また心臓の機能が障害され,心臓が血液を押し出したり吸引したりする力が弱まっても鬱血がおこる。鬱血がおこると,静脈血が多いため皮膚や粘膜は暗紫色または暗青色となり,その部分の温度は下がり冷たくなる。また血液の液体成分が血管外に濾出するため水腫がおこる(これを鬱血性水腫という)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鬱血の関連キーワード下大静脈肝静脈静脈血静脈弁多尿頚静脈大腿静脈腸間膜静脈半奇静脈精巣静脈瘤

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鬱血の関連情報