コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬱血 ウッケツ

3件 の用語解説(鬱血の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うっ‐けつ【鬱血】

[名](スル)静脈の血液の流れが悪くなって滞留する状態。静脈の一部が強く圧迫されたり、詰まったりして局所的に起こることが多いが、心臓の力が弱まって全身的に起こることもある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

鬱血【うっけつ】

静脈の還流障害により,静脈内に血液のたまっている状態。局所的鬱血は,腫瘍(しゅよう)などによる圧迫や血栓(けっせん)などの血行障害で起こり,局部は暗青色を呈し(チアノーゼ),温度が下がり,静脈や毛細血管がふくれる。
→関連項目充血心不全僧帽弁閉鎖不全症窒息床ずればち指

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うっけつ【鬱血 congestion】

静脈血が異常に増加した状態で,静脈の狭窄,血栓などによる閉塞,外からの圧迫などの通過障害により,静脈血が局所から流出することが妨げられたときにおこる。また心臓の機能が障害され,心臓が血液を押し出したり吸引したりする力が弱まっても鬱血がおこる。鬱血がおこると,静脈血が多いため皮膚や粘膜は暗紫色または暗青色となり,その部分の温度は下がり冷たくなる。また血液の液体成分が血管外に濾出するため水腫がおこる(これを鬱血性水腫という)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鬱血の関連情報