コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝臓茸 カンゾウタケ

デジタル大辞泉の解説

かんぞう‐たけ〔カンザウ‐〕【肝臓×茸】

カンゾウタケ科のキノコ。雨季にシイなど広葉樹の幹に発生する。直径約10~20センチ、表面は暗赤色をし、形や色が肝臓に似る。食用。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんぞうたけ【肝臓茸】

担子菌類ヒダナシタケ目のきのこ。シイ・ナラなどの幹に生える。径10~20センチメートル。赤く肉厚で、肝臓に似る。食用。ウシノシタ。ビフテキタケ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone