(読み)しい

精選版 日本国語大辞典「椎」の解説

しい しひ【椎】

〘名〙 ブナ科シイノキ属の植物の総称。東アジア・東南アジアに約三〇種、北アメリカに一種あり、日本では関東以西にツブラジイ、およびその変種のスダジイが生える。常緑樹で、雄花穂が細長くて下垂せずに立ち、果実は全体が殻斗に包まれたどんぐり状果であることなどが特徴。しいのき。しいがし。
※万葉(8C後)二・一四二「家にあれば笥(け)に盛る飯(いひ)を草枕旅にしあれば椎(しひ)の葉に盛る」
[補注]「万葉集」以外で和歌によまれた例は少なく、歌語としては平安中期より、「しひしば(椎柴)」という形が定着した。樹皮を喪服の染料に用いたところから、哀傷歌で多くよまれた。→椎柴(しいしば)の袖(そで)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「椎」の解説

椎 (シイ)

植物。ブナ科シイノキ属の常緑樹の総称

椎 (シイ)

植物。ブナ科の常緑高木。スダジイの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

デジタル大辞泉「椎」の解説

つい【椎】[漢字項目]

常用漢字] [音]ツイ(漢) [訓]つち しい
〈ツイ〉
物をたたく工具。つち。「鉄椎」
せぼね。「椎骨椎間板胸椎頸椎(けいつい)脊椎(せきつい)仙椎腰椎
〈しい〉木の名。シイ。「椎茸(しいたけ)
[難読]木椎(さいづち)

しい〔しひ〕【椎】

ブナ科のシイとよばれる常緑高木の総称。暖地に自生。葉は堅く楕円形で、表面はつやがあり、裏面に褐色毛をもつ。初夏に開花。実はどんぐりになり、食用。しいがし。しいのき。 実=秋 花=夏》「丸盆の―にむかしの音聞かむ/蕪村

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android