コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥後派 ひごは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肥後派
ひごは

江戸時代の装剣金工の一派。江戸時代初頭,肥後細川家の庇護のもとに栄えた。肥後鐔を主とし,それに縁,頭,目貫 (めぬき) など刀装金具を含めたもので,その主流は林又七とする林派である。又七は父の故郷の尾張透かし鐔の伝統を受け,さらに京正阿弥の象眼技術を学んで大成したといわれる。破扇散鐔,九曜紋透かし鐔は又七の代表作として知られている。そのほか平田彦三を祖とする平田派,志水甚五を祖とする志水派,西垣勘四郎を祖とする西垣派の4派が肥後派の主要流派である。肥後金工作の金具を装した打刀拵 (うちがたなこしらえ) を肥後拵と称した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android