コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平田彦三 ひらたひこぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平田彦三
ひらたひこぞう

[生]?
[没]寛永3(1626)
江戸時代初期の肥後派の鐔 (つば) 工。細川忠興に仕え肥後に住んだ。作品には鉄地のほかに,山銅 (やまがね) ,素銅,真鍮,赤銅を素材とする丸形の鐔が多く,地金に種々の加工を施し独特の肌合いをみせた。金,銀の布目象眼や消込象眼にもすぐれていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

平田彦三【ひらたひこぞう】

江戸初期の鐔(たん)工。初世〔?-1626〕は,細川家に仕えて肥後に住む。地金に銅,真鍮(しんちゅう),赤銅などを用い,象嵌(ぞうがん)を得意とした。覆輪鐔を多く制作。
→関連項目鐔/鍔

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平田彦三 ひらた-ひこぞう

?-1635 江戸時代前期の装剣金工。
細川忠興(ただおき)につかえる。寛永9年細川家の肥後熊本への移封にしたがい,八代(やつしろ)袋町にうつる。鐔(つば)を製作し,地金に銅,真鍮(しんちゅう),赤銅などをもちい,象眼を得意とした。寛永12年死去。本姓は松本。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平田彦三

没年:寛永12(1635)
生年:生年不詳
江戸前期の装剣金工家。平田派の開祖。旧姓を松本氏といい,江戸時代初頭に肥後(熊本県)で栄えた肥後金工の名工。細川忠興に従って京都から移住したと伝えられる。主として鐔の制作に従事し,「翁鑢梅花透鐔」「菊透鐔」(いずれも東京国立博物館蔵)などがある。地金には山金,素銅,真鍮を用い,鉄は少ない。板鐔を透かしたものや唐草文などの彫込象嵌を好み,まれに七宝象嵌を施したものもある。平田派には桃山時代平田道仁を開祖とする七宝の一派があるが,これと肥後の平田派との関係は不明である。彦三は2代目以降も明治まで続いた。

(加島勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひらたひこぞう【平田彦三】

?~1626) 桃山・江戸初期の肥後の金工。武士として細川家に仕えたがのち金工となる。素銅すあかなどの色金を好んで用い、雅味豊かな作風。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

平田彦三の関連キーワード弩爾哈斉・奴児哈赤弩爾哈斉ニコラオ今大路道三ニコラオケベード伊達政宗ヌルハチホンタイジホーフト

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone