コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平田彦三 ひらたひこぞう

5件 の用語解説(平田彦三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平田彦三
ひらたひこぞう

[生]?
[没]寛永3(1626)
江戸時代初期の肥後派の鐔 (つば) 工。細川忠興に仕え肥後に住んだ。作品には鉄地のほかに,山銅 (やまがね) ,素銅,真鍮,赤銅を素材とする丸形の鐔が多く,地金に種々の加工を施し独特の肌合いをみせた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平田彦三【ひらたひこぞう】

江戸初期の鐔(たん)工。初世〔?-1626〕は,細川家に仕えて肥後に住む。地金に銅,真鍮(しんちゅう),赤銅などを用い,象嵌(ぞうがん)を得意とした。覆輪鐔を多く制作。
→関連項目鐔/鍔

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平田彦三 ひらた-ひこぞう

?-1635 江戸時代前期の装剣金工。
細川忠興(ただおき)につかえる。寛永9年細川家の肥後熊本への移封にしたがい,八代(やつしろ)袋町にうつる。鐔(つば)を製作し,地金に銅,真鍮(しんちゅう),赤銅などをもちい,象眼を得意とした。寛永12年死去。本姓は松本。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平田彦三

没年:寛永12(1635)
生年:生年不詳
江戸前期の装剣金工家。平田派の開祖。旧姓を松本氏といい,江戸時代初頭に肥後(熊本県)で栄えた肥後金工の名工。細川忠興に従って京都から移住したと伝えられる。主として鐔の制作に従事し,「翁鑢梅花透鐔」「菊透鐔」(いずれも東京国立博物館蔵)などがある。地金には山金,素銅,真鍮を用い,鉄は少ない。板鐔を透かしたものや唐草文などの彫込象嵌を好み,まれに七宝象嵌を施したものもある。平田派には桃山時代平田道仁を開祖とする七宝の一派があるが,これと肥後の平田派との関係は不明である。彦三は2代目以降も明治まで続いた。

(加島勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひらたひこぞう【平田彦三】

?~1626) 桃山・江戸初期の肥後の金工。武士として細川家に仕えたがのち金工となる。素銅すあかなどの色金を好んで用い、雅味豊かな作風。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平田彦三の関連キーワード利国利貞平田安房平田氏直平田氏安平田新吾平田丹斎平田長房平田正親宗吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone