コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肯定命題 こうていめいだい

大辞林 第三版の解説

こうていめいだい【肯定命題】

〘論〙 主語に対し述語が否定辞を交えずに結びついている命題。例えば「 S は P である」という形式の命題。肯定判断。 ↔ 否定命題

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の肯定命題の言及

【判断】より

…さて(1)ではSに対してPが肯定されているといわれ,(2)ではSに対してPが否定されているといわれる。そして(1)の型の命題(判断)は肯定命題(肯定判断),(2)は否定命題(否定判断)と呼ばれる。(1)においてSは主語subject,Pは述語predicateと呼ばれ,〈is(である)〉は二つの名辞(概念)をつなぐものとして繫(けい)辞またはコプラcopulaと呼ばれている。…

※「肯定命題」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

肯定命題の関連キーワード小反対対当特称命題反対対当対当関係否定命題矛盾対当肯定判断法称性質換質命題矛盾

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android