肯定(読み)コウテイ

デジタル大辞泉の解説

こう‐てい【肯定】

[名](スル)
そのとおりであると認めること。また、積極的に意義を認めること。「現世を肯定する」⇔否定
論理学で、ある命題の主語と述語の関係が成立すること。また、その関係を承認すること。⇔否定

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうてい【肯定】

( 名 ) スル
物事を、正しく妥当であると認めること。積極的に意義を認めること。同意。是認。 「相手の主張を-する」 「自分の人生を-する」
〘論〙 提示された命題を真であるとすること。
▽⇔ 否定 〔affirmation の訳語〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐てい【肯定】

〘名〙 (affirmative の訳語) いかにももっともだと思って認めること。また、積極的に物事の意義を認めること。伝統的な論理学では、ある命題で、主語述語関係を「である」のかたちで承認すること。⇔否定
※致知啓蒙(1874)〈西周〉上「ニアリはニテアリの約めなれば、定〔 affirmative 〕にて『イは、ロにてあるぞ』と定むる言」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肯定の関連情報