肯綮に中る(読み)こうけいにあたる

日本大百科全書(ニッポニカ)「肯綮に中る」の解説

肯綮に中る
こうけいにあたる

物事急所をうまくつくこと、要点を巧みに探り当てること。「肯」は骨についた肉、「綮」は筋と肉のつながる部分をいい、牛を解体するときの重要なところであるため、急所、物事の要(かなめ)のとして用いられる。『荘子』「養生主篇(へん)」に、中国、戦国時代の()の文恵王に仕えた料理の名人庖丁(ほうちょう)が「文恵君のために牛を解く、技は肯綮を経ること(いま)だかつてせず」とある。

[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「肯綮に中る」の解説

肯綮こうけいあた・る

《「元史」王都中伝から》意見などが、ぴたりと要点をつく。
「する事はいつも―・っていて然すべきところがない」〈鴎外阿部一族

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android