コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肯綮に中る コウケイニアタル

デジタル大辞泉の解説

肯綮(こうけい)に中(あた)・る

《「元史」王都中伝から》意見などが、ぴたりと要点をつく。
「する事はいつも―・っていて間然すべきところがない」〈鴎外阿部一族

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうけいにあたる【肯綮に中る】

〔荘子 養生主
要点をおさえる。急所を突く。 「実に-・つた剴切な御考へ/坊っちゃん 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肯綮に中る
こうけいにあたる

物事の急所をうまくつくこと、要点を巧みに探り当てること。「肯」は骨についた肉、「綮」は筋と肉のつながる部分をいい、牛を解体するときの重要なところであるため、急所、物事の要(かなめ)の意として用いられる。『荘子』「養生主篇(へん)」に、中国、戦国時代の魏(ぎ)の文恵王に仕えた料理の名人庖丁(ほうちょう)が「文恵君のために牛を解く、技は肯綮を経ること未(いま)だかつてせず」とある。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

肯綮に中るの関連キーワード坊っちゃん鑿鑿肯綮荘子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android