コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元史 げんし Yuan-shi; Yüan-shih

5件 の用語解説(元史の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

元史
げんし
Yuan-shi; Yüan-shih

中国の元代を扱った歴史書。正史の一つ。 210巻。明初の宋濂らの編修。洪武3 (1370) 年に成る。官撰の正史としてわずか2年間で2度に分けて編纂されたため,疎漏の点を免れないが,原資料をそのまま利用したところが多く,史料的価値は大きいとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げんし【元史】

中国の二十四史の一。の歴史を記したもの。宋濂(そうれん)らの撰。1370年成立。本紀47巻、志58巻、表8巻、列伝97巻の全210巻。文字や記述に乱れがあり、1919年に柯劭忞(かしょうびん)が「新元史」を撰。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

げんし【元史 Yuán shǐ】

中国元代についての官撰の紀伝体歴史書,正史の一つ。元史研究の基本文献。210巻。宋濂らの編。明朝成立の後ほどなく,1370年(洪武3)に完成。短期間に編纂されたので疎漏が多いと古来悪評があった。清代以後著された邵遠平《元史類編》,魏源《元史新編》,曾廉《元書》,屠寄《蒙古児史記》,柯劭忞《新元史》はいずれもその補修の試みである。1775年(乾隆40)以後の殿本系統の版本は,故意に固有名詞を書き改めたところがあるため,百衲本(ひやくのうぼん)などを用いるべきである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

げんし【元史】

中国、二十四史の一。元代の紀伝体歴史書。二一〇巻。明の宋濂そうれん・王褘おういらの撰。1370年成立。本紀四七巻・志五八巻・表八巻・列伝九七巻。誤謬・疎漏が多く、清代以降、何人かの人が補修を試みた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

元史
げんし

モンゴル帝国および中国の元朝を扱った紀伝体歴史書。210巻。明(みん)朝初め、1369年、70年の二度編纂(へんさん)された。歴代のハンの治世を記す「本紀」47巻は『十三朝実録』、制度の記録「志」53巻は『経世大典(けいせいたいてん)』、個人の伝記「列伝」97巻は碑文、文集などによって作成された。刊本としては洪武(こうぶ)刻本を影印した百衲本(ひゃくのうぼん)がもっともよい。短時日で編纂されたためか、列伝には重複、疎漏があり、清(しん)代考証学者の悪評はあるが、原資料に忠実に作成され、史料価値は高い。ただ、たとえば、元朝を建てたフビライと政権を争った弟アリク・ブハは、帝位継承の名分があったが、反乱者として記録されるだけであるなど、原資料の偏りを反映した限界も多い。[松田孝一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

元史の関連キーワード紀伝体正史大日本野史日本後紀外史紀伝史書編年体本紀列伝体

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

元史の関連情報