阿部一族(読み)あべいちぞく

デジタル大辞泉の解説

あべいちぞく【阿部一族】

森鴎外の短編歴史小説。大正2年(1913)発表。許されぬ殉死に端を発した、肥後藩士阿部弥一右衛門一族の悲劇を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あべいちぞく【阿部一族】

森鷗外の短編小説。1913年(大正2)《中央公論》に掲載,同年刊の短編集《意地》所収。細川藩士阿部弥一右衛門は君忠利の死に際し,殉死を願ったが許されず,生き延びる。しかし卑怯者とそしる藩中の声を聞いて,独断で切腹する。これを発端として,藩の措置を不満とする阿部一族の反抗から滅亡にいたるまでの悲劇を抑えた筆致で描く。建秩序の内部で制度化した殉死と人間性との矛盾・相克を主題とし,その間,討つ者討たれる者のそれぞれに,武士道の意地をたてとおした侍たちの生きざま,死にざまが点描される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あべいちぞく【阿部一族】

小説。森鷗外作。1913年(大正2)発表。殉死を許されぬ阿部弥一右衛門は、武士の意地から追い腹を切る。その科とがにより、遺族は処刑・上意討ちにより滅亡する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿部一族
あべいちぞく

森鴎外(おうがい)の短編小説。1913年(大正2)1月号の『中央公論』に発表。寛永(かんえい)年間(1624~1644)に肥後(ひご)国(熊本県)細川藩に起こった、殉死をめぐる悲劇的事件を取り上げた歴史小説。殉死の許しが得られず、死に遅れて批判され、追い腹を切った阿部弥一右衛門、その後の処置に不満の意を表明して、縛り首になった嫡子権兵衛、その結果、家に立てこもって誅罰(ちゅうばつ)されたその弟たち阿部一族。そういう悲劇を、主君側、討手側、他の殉死者側をも絡めて、冷徹な叙事的な筆でつづった、鴎外歴史小説の代表的名作。[磯貝英夫]
『『阿部一族』(岩波文庫・旺文社文庫・角川文庫・講談社文庫・新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android