肯綮(読み)こうけい

精選版 日本国語大辞典「肯綮」の解説

こう‐けい【肯綮】

〘名〙 (「」はについた肉、「綮」は肉と骨とを結ぶところ。料理の名人の庖丁(ほうてい)が梁の恵王の前で牛を料理した時、うまく肯綮に刃物をあて、肉を切り離したという「荘子‐養生主」の故事から) 物事急所。かんじんなところ。かなめ。
※東海一漚別集(1375頃)真源大照禅師行状「不内外典、開巻読之、肯綮砉然、目無全牛
※東京日日新聞‐明治二四年(1891)一一月一七日「我制度を論ずるものは、一として肯綮を誤らざるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「肯綮」の解説

こう‐けい【肯×綮】

《「肯」は骨につく肉、「綮」は筋と肉とを結ぶところの》物事の急所。かなめ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android