コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肺の良性腫瘍 はいのりょうせいしゅよう

1件 の用語解説(肺の良性腫瘍の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

はいのりょうせいしゅよう【肺の良性腫瘍】

 肺には、胸部X線写真では肺がんとそっくりなのに、大きくならない良性の腫瘍が発生することがあります。
 多い順からあげると、結核腫(けっかくしゅ)、軟骨性過誤腫(なんこつせいかごしゅ)、奇形腫(きけいしゅ)といった、内部がつまった腫瘍と、気管支性嚢腫(きかんしせいのうしゅ)、血管腫(けっかんしゅ)など、内部が液体の腫瘍です。
 これらの腫瘍のなかには、3~4年もかかって、しだいに大きくなるものもありますので、良性とはいえ(結核腫を除いて)いつかは切除する必要があります。
 肺がんとちがい、内視鏡(気管支鏡)で発生部位の粘膜表面や粘膜下部の細胞を採取して、直接的に診断することが困難なのです。そのため、肺がんの可能性があると考えて手術し、組織を切り取って、標本をつくってから、初めて良性の腫瘍とわかることもしばしばあります。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone