コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胆武別命 いたけるわけのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

胆武別命 いたけるわけのみこと

記・紀にみえる垂仁(すいにん)天皇の皇子。
母は山背(やましろ)(京都府)の苅幡戸辺(かりはたとべ)。「古事記」では伊登志別王(いとしわけのおう)。子がないため,子代(こしろ)として伊登志部(べ)がおかれたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android