背条露虫(読み)セスジツユムシ

デジタル大辞泉の解説

せすじ‐つゆむし〔せすぢ‐〕【背条露虫】

キリギリス科の昆虫。夏・秋にみられるツユムシで、体は緑色または褐色。背部に雄では褐色、雌では黄色のすじがある。雄はツツツジーッチジーッチと鳴く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せすじつゆむし【背条露虫】

キリギリス科の昆虫。体長約13ミリメートル。ツユムシに似るがやや小さく、背面に褐色の線がある。本州以南・東南アジアに分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

背条露虫 (セスジツユムシ)

学名:Ducetia japonica
動物。キリギリス科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せすじ‐つゆむし せすぢ‥【背条露虫】

〘名〙 バッタ(直翅)目キリギリス科の昆虫。全長約三六ミリメートルの、はねの細長い種類で、体はふつう鮮緑色。はねの上縁に褐色のすじがある。八月頃から現われて、やや高い草や低木上にすみ、ツツツツ、ジーチョ、ジーチョと鳴く。灯火に飛来して室内で鳴くこともある。近縁種エゾツユムシアシグロツユムシなどがある。本州以南、中国、東南アジアニューギニアオーストラリアなどに分布。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android