コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

背部叩打法 はいぶこうだほう

2件 の用語解説(背部叩打法の意味・用語解説を検索)

妊娠・子育て用語辞典の解説

はいぶこうだほう【背部叩打法】

気道に異物が入ったとき除去する方法の一つです。頭を体より低くさせ、手のひら全体で背中(肩甲骨と肩甲骨の間)を強く叩きます。1歳未満の子にも行なえます。なお、意識がないとき・異物がとれず意識がなくなったときは、背部叩打法などは行なわず、ただちに心肺蘇生法を始めます。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

背部叩打法

餅などの食べ物や異物などを喉に詰まらせて気道がふさがれ咳も出ず、呼吸ができなくなった傷病者に対して、背中を叩いて詰まった食べ物や異物を吐き出させる応急処置の方法。1歳未満の乳児や妊婦に対しても行うことができる。同法は以下の手順で行う。(1)食べ物や異物を詰まらせた人が立っているか座っている場合は、やや後方から片手で傷病者の胸もしくは下あごを支えてうつむかせる(傷病者が倒れている場合は、傷病者を手前に引き起こして横向きにし、自分の足で傷病者の胸を支え、片手で傷病者の顔を支える)。(2)もう片方の手のひらの付け根で、傷病者の肩甲骨と肩甲骨の間を強く4~5回、迅速に叩く。(3)回数にとらわれず、食べ物や異物が取れるか、窒息して気道が塞がれている反応がなくなるまで続ける。

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

背部叩打法の関連キーワードハイムリック法点推定異物イムノトキシン乾塩漬法経口投与静脈栄養生物化学的処理チェダリングろ(濾)過

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone