心肺蘇生法(読み)しんぱいそせいほう

妊娠・子育て用語辞典の解説

しんぱいそせいほう【心肺蘇生法】

救急蘇生法の一つ。心臓停止などに対する胸骨圧迫(きょうこつあっぱく=心臓マッサージ)と人工呼吸の組み合わせを意味します。母子健康手帳などにも掲載されていることがあります。救急蘇生法の講習会などに参加し、ぜひ身につけておきましょう。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんぱいそせい‐ほう〔‐ハフ〕【心肺蘇生法】

呼吸や心臓が停止またはそれに近い状態にある傷病者に対して心肺機能を補助するために行う救急救命処置。状態を確認しながら、意識の確認・気道確保・人工呼吸心臓マッサージ・AED(自動体外式除細動器)による除細動などを行う。CPR(cardiopulmonary resuscitation)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心肺蘇生法の関連情報