コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心肺蘇生法 しんぱいそせいほう

3件 の用語解説(心肺蘇生法の意味・用語解説を検索)

妊娠・子育て用語辞典の解説

しんぱいそせいほう【心肺蘇生法】

救急蘇生法の一つ。心臓停止などに対する胸骨圧迫(きょうこつあっぱく=心臓マッサージ)と人工呼吸組み合わせを意味します。母子健康手帳などにも掲載されていることがあります。救急蘇生法の講習会などに参加し、ぜひ身につけておきましょう。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんぱいそせい‐ほう〔‐ハフ〕【心肺蘇生法】

呼吸や心臓が停止またはそれに近い状態にある傷病者に対して心肺機能を補助するために行う救急救命処置。状態を確認しながら、意識の確認・気道確保・人工呼吸心臓マッサージAED自動体外式除細動器)による除細動などを行う。CPR(cardiopulmonary resuscitation)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

心肺蘇生法
しんぱいそせいほう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心肺蘇生法の関連キーワード圧接仮死心臓マッサージ心停止心臓死点葉心肺停止エア切れ脳死と植物状態心肺蘇生術

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

心肺蘇生法の関連情報