コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡桃足膳 クルミアシゼン

1件 の用語解説(胡桃足膳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くるみあし‐ぜん【胡桃足膳】

クルミの実を二つ割りにしたような形の足を四隅につけた粗製の膳。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の胡桃足膳の言及

【膳】より

…猫足膳は中足膳ともいい,ネコのそれに似た足をつけた黒塗りのものが多く,イチョウの葉のような足をつけた銀杏足膳とともに,略式の場合に用いられた。胡桃足膳は二つ割りにしたクルミの殻を足にしたもので,箱膳とともに商家その他の奉公人用とされた。箱膳は蓋のついた箱形のもので,食事の際は蓋を裏返して椀類を置き,食後はそれらをふきんでぬぐって内部に納める構造になっており,収納部を引出しにしたものもあった。…

※「胡桃足膳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone