胡桃(読み)クルミ

大辞林 第三版の解説

くるみ【胡桃】

クルミ科クルミ属の落葉高木または低木の総称。果実の核は球形・鈴形などできわめて堅い。中の子葉は食用。また、油脂を採る。古くから樹皮や果皮の煎汁を染料にした。普通、山地に自生するオニグルミや栽培するテウチグルミをさす。 [季] 秋。 《 -割る夜のまどゐに加はりし /虚子 》

ことう【胡桃】

クルミの漢名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

胡桃 (クルミ)

植物。クルミ科の落葉高木,園芸植物,薬用植物。オニグルミの別称

胡桃 (クルミ)

植物。クルミ科の落葉高木の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胡桃の関連情報