粗製(読み)ソセイ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① つくり方が粗雑なこと。そまつな製造。
※随筆・守貞漫稿(1837‐53)二八「今世木具膳多くは春慶ぬり也、粗製なれども貴人に用之」
※日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉三「粗製を濫造して顧みざりしは遺憾なりといふべし」
② 精製する前のあらいつくり。
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉六「汁は、〈略〉遂に白下と云へる、粗製の砂糖となる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粗製の関連情報