能勢氏(読み)のせうじ

世界大百科事典 第2版の解説

のせうじ【能勢氏】

摂津の中世武士。清和源氏頼光流で多田源氏の一族という。12世紀ごろ多田頼綱の孫国基が摂津能勢郡を領したのに始まると伝えるが,鎌倉初期にみえる御家人〈能瀬判官代〉は国基の子国能と思われるので,このころには能勢氏を称していたことがうかがわれる。1231年(寛喜3)幕府より能勢郡田尻荘地頭職を保証されており,同じころ多田院御家人としてもその名がみえるので,能勢郡田尻を本拠として北摂に勢力を養っていたことが知れる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

能勢氏の関連情報