脂粉の巷(読み)しふんのちまた

精選版 日本国語大辞典「脂粉の巷」の解説

しふん【脂粉】 の 巷(ちまた)

脂粉の香のするなまめかしい街。遊女、芸者などのいる所。花柳街。
濹東綺譚(1937)〈永井荷風〉九「わたくしは若い時から脂粉の巷に入り込み」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android