コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濹東綺譚 ぼくとうきたん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

濹東綺譚
ぼくとうきたん

永井荷風長編小説。 1936年完成,37年発表。中年の作家と私娼との交情を中心に,四季の風物詩や時代の風俗好尚なども織り交ぜて,随筆的構成のなかに作者の感慨を遺憾なく流露した後期の代表作

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼくとうきだん【濹東綺譚】

永井荷風の小説。昭和12年(1937)発表。作家の「わたくし」こと大江匡(おおえただす)と玉の井の娼婦お雪との交情を淡々と描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぼくとうきだん【濹東綺譚】

永井荷風の長編小説。1937年4月烏有堂(私家版)刊。同年4~6月,東京・大阪《朝日新聞》夕刊連載。同年8月岩波書店刊。それぞれ本文に差異がある。老作者〈わたくし〉(大江匡(ただす))は,小説の背景とすべき場所を探して散歩の途中,隅田川の向こう玉の井私娼街でそこの女お雪と知り合う。以後,彼女をたずねては休息かたがた娼家の新風俗を観察し,また昔を懐かしむ。お雪はそのうち彼を頼りにして自前になる夢をもち始め,彼のほうでは,過去に失敗の体験もあり,これ以上,深入りを避けることを決め,仲秋明月の夜をきりに,ひそかに別れを告げ,もはや逢うことをやめるという筋。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぼくとうきだん【濹東綺譚】

小説。永井荷風作。1937年(昭和12)「朝日新聞」連載。玉の井の私娼街を舞台に、孤独な作家と娼婦お雪との淡い交流と、滅びゆく風俗、風景を描いた荷風の代表作。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の濹東綺譚の言及

【豊田四郎】より

… 以後,林芙美子原作《泣虫小僧》(1938),阿部知二原作《冬の宿》(1938),伊藤永之介原作《鶯》(1938)など一連の〈文芸映画〉のなかで,暗い時代の日本の庶民像を描き出していった。愛国婦人会を創設した明治の女傑の半生を描いた伝記映画《奥村五百子》(1940),ハンセン病療養所で献身する若い女医の実話をリリカルなヒューマニズムで描いた《小島の春》(1940)などをへて,戦後も丹羽文雄原作《女の四季》(1950),森鷗外原作《雁》(1953),有島武郎原作《或る女》(1954),室生犀星原作《麦笛》(1955),織田作之助原作《夫婦善哉》(1955),谷崎潤一郎原作《猫と庄造と二人のをんな》(1956),川端康成原作《雪国》(1957),志賀直哉原作《暗夜行路》(1959),永井荷風原作《濹東綺譚》(1960)と〈文芸映画〉の系列がある。 女を多く描き,フェミニストともいわれたが,そのフェミニズムは,女の美しさよりも無知や貪欲さを凝視する目のきびしさと執念に特色があるといわれる。…

※「濹東綺譚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

濹東綺譚の関連キーワード北城 真記子高閣に束ねる沢村 貞子乙羽 信子岡本 文弥箕帚を執る織田 政雄木村荘八里馴れる馳せ違う豊田四郎峰岸 徹藤間 紫小家勝ち織田政雄素見騒き活動写真況んや玉ノ井日覆い

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android