脂粉の気(読み)シフンノキ

デジタル大辞泉の解説

しふん‐の‐き【脂粉の気】

女っけ。なまめかしさ。
「―が立ち籠めている桟敷(さじき)」〈鴎外・余興〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しふん【脂粉】 の 気(き)

女らしいなまめいた気風。また、柔弱な気風。
※余興(1915)〈森鴎外〉「脂粉(シフン)の気(キ)が立ち籠めてゐる桟敷の間にはさまって」 〔捫蝨新語‐八〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる