脂肪光沢(読み)シボウコウタク

精選版 日本国語大辞典の解説

しぼう‐こうたく シバウクヮウタク【脂肪光沢】

〘名〙 脂肪のような光沢。オパールなど、鉱物の表面の様子を表現するのに用いる。さらに光沢が強くなると樹脂状光沢という。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android