脇村 義太郎(読み)ワキムラ ヨシタロウ

20世紀日本人名事典の解説

脇村 義太郎
ワキムラ ヨシタロウ

昭和・平成期の経済学者 東京大学名誉教授;元・日本学士院会長;経済史学会名誉会長。



生年
明治33(1900)年12月6日

没年
平成9(1997)年4月17日

出生地
和歌山県田辺市

学歴〔年〕
東京帝大経済学部〔大正13年〕卒

学位〔年〕
経済学博士

主な受賞名〔年〕
藍綬褒章〔昭和38年〕,交通文化賞〔昭和41年〕,勲一等瑞宝章〔昭和46年〕,文化功労者〔平成4年〕,東京都名誉都民〔平成7年〕,田辺市名誉市民〔平成8年〕

経歴
東京帝大助手を経て、昭和元年助教授となるが、13年人民戦線事件に連座して検挙され、大学を去る。この間、11〜12年英国に留学、海運・保険・石油問題を研究。19年無罪となり、戦後東大に復帰して教授。世界経済に造詣深く、石油問題の権威。36年退官後は独占禁止懇話会会長、石油経済研究会座長、海運企業整備計画審議会会長、海事産業研究所会長などを歴任、63年〜平成6年日本学士院長を務めた。また39年経営史学会を創設し、初代会長として経営史の国際比較研究に力を注いだ。のち名誉会長。「脇村義太郎著作集」(全5巻 日本経営史研究所)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

脇村 義太郎 (わきむら よしたろう)

生年月日:1900年12月6日
昭和時代;平成時代の経済学者。東京大学教授;日本学士院会長;経済史学会会長
1997年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android