脇障子(読み)ワキショウジ

大辞林 第三版の解説

わきしょうじ【脇障子】

神社や書院などで、縁を仕切る板戸や板壁。多く側縁の行き止まりになった所に立てられ、絵をかいたり浮き彫りを施したりする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

わき‐しょうじ ‥シャウジ【脇障子】

〘名〙 神社などで、側面の縁側に立てた仕切りの板障子。
※匠明(1608‐10)社記集「一、脇障子柱太さ、大床柱大面の内」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の脇障子の言及

【社寺建築構造】より

…小規模な神社本殿の縁は,前と左右だけで,背部に回らないものが多く,左右の縁の後方に衝立(ついたて)のような仕切りをつくる。これを脇障子(わきしようじ)といい,上に竹の節欄間をつくる。
[窓]
 神社本殿はのないものを原則とする。…

※「脇障子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脇障子の関連情報