コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

匠明 しょうめい

3件 の用語解説(匠明の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

匠明
しょうめい

桃山時代の建築書。著者は江戸幕府の大棟梁平内 (へいのうち) 吉政,政信父子。「殿屋集」「門記集」「堂記集」「塔記集」「社記集」の5巻から成り,慶長 13 (1608) 年成立。各種建築の木割 (きわり) についての代表的著作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しょうめい【匠明】

江戸幕府作事方大棟梁の平内(へいのうち)家に伝来した木割書。1608年(慶長13)秋の平内政信の署名,10年初春の政信の父吉政の署名があり,前者を成立年代とみてよかろう。現存するのは写本で,東京大学(元禄ごろ),東京都立中央図書館(1898),小林家(1846∥弘化3),大熊家,新家家に所蔵され,東京大学のものがもっとも内容がよい。門記集(門),社記集(鳥居,神社本殿,玉垣,拝殿等),塔記集(塔と九輪),堂記集(寺院の本堂,鐘楼,方丈等),殿屋集(主殿,塀重門,能舞台等)の5巻から成り,それぞれ木割と,和歌山天満宮出雲大社などの見聞録とを記す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

匠明
しょうめい

江戸初期に記された、5巻からなる大工の木割書。筆者は平内(へいのうち)政信(1583―1645)。それぞれの巻末に、1608年(慶長13)の政信による奥書、同10年の政信の父吉政の奥書がある。原本は伝わらず、現存写本のうち、東京大学所蔵のものがもっとも古くかつ整っている。平内政信は1632年(寛永9)に江戸幕府の作事方大棟梁(とうりょう)になっている。5巻の構成は、門記集、社記集、堂記集、塔記集、殿屋集である。[平井 聖]
『太田博太郎監、伊藤要太郎解説『匠明』(1971・鹿島出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の匠明の言及

【数寄屋造】より

…1564年(永禄7)編述の《分類草人木》に〈数寄座敷〉と出てくるのが早い例であるが,〈数寄屋〉の語もこのころには見られる。徳川幕府の大棟梁平内(へいのうち)家の伝書《匠明》(1608)に〈茶ノ湯座敷ヲ数寄屋ト名付ク事ハ 右同比 堺ノ宗易云始ル也〉とあり,聚楽第の建設された桃山期に千利休が命名したと伝えられているが,利休時代には,茶の湯座敷,小座敷あるいは単に座敷などと呼ばれることが普通であった。数寄屋という語は,桃山時代には茶の湯のための専用の室または建物のことをさしていたが,江戸時代に入るとしだいにその内容が拡大してゆく傾向を示し,茶室の建築手法や意匠をとり入れた座敷のことをも数寄屋と称するようになった。…

※「匠明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

匠明の関連キーワード公事方甲良宗広作事作事方甲良宗次甲良宗賀平内応勝平内政信平内吉政大棟梁

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone