脊髄麻酔(読み)せきずいますい(英語表記)spinal anesthesia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脊髄麻酔
せきずいますい
spinal anesthesia

脊椎麻酔,腰椎麻酔ともいう。脊髄クモ膜下腔に局所麻酔薬を注入して神経根を麻痺させ,手術のための無痛域をつくる麻酔方法をいう。一般的に行われるのは腰部脊髄麻酔法 (腰椎麻酔) で,下腹部,下肢の手術に広く用いられる。患者側臥位にして第3~4,4~5腰椎間で穿刺し,テトラカイン (テトカイン) ,リドカイン (キシロカイン) ,ジブカイン (ペルカミン) などを注入すると,5~10分後に感覚麻痺と運動麻痺が起る。筋肉が十分に弛緩し,しかも麻酔と手術の両方を外科医が行えるので,広く用いられている。かつては上腹部手術も脊髄麻酔で行われていたが,低血圧,嘔吐,呼吸筋麻痺が起ることがあり,また患者の意識も喪失しないので,全身麻酔の普及につれて減少しつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脊髄麻酔の関連情報