脚立釣(り)(読み)キャタツヅリ

精選版 日本国語大辞典の解説

きゃたつ‐づり【脚立釣】

〘名〙 脚立を水中に据え、その上に乗って行なう釣り。かつて東京湾などでアオギスなどを釣るのに行なった。
※風俗画報‐一四六号(1897)人事門「鱚(きす)釣に脚立釣(キャタツツリ)、四方流し、立込、べか釣の四種あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android