コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脚立 きゃたつ

3件 の用語解説(脚立の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脚立
きゃたつ

持運びのできる踏み台の1種。「うま」とも呼ぶ。住宅などで使用するものは,はしご形の2つの脚の上部に狭い板をちょうつがいで止め,伸ばせばはしごになるような仕掛けになっている。植木の手入れなどに戸外で使用するものは,はしごと1本の支柱でできている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脚立
きゃたつ

高い所の物をとったりするときに乗る台。「きゃたつ」の語源は中国語の「脚踏(きゃくとう)」からきており、室町時代から使われるようになった。鞍掛(くらかけ)、踏継(ふみつぎ)、踏台(ふみだい)などともよばれる。鞍掛は、元来外した鞍を掛けておく台であったが、しだいに踏台にも利用されるようになった。脚立は幅の狭い板に4本の脚(あし)(ほぞ)差しになっているものが多いが、台形の箱に丸い窓をあけた屑(くず)入れ兼用のものや、細い角材を櫓(やぐら)状に組んだものなどもある。大工や左官が使用する脚立には高さ4~5尺(1.2~1.5メートル)のものもある。[小泉和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脚立の関連情報