コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脚立 きゃたつ

3件 の用語解説(脚立の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脚立
きゃたつ

持運びのできる踏み台の1種。「うま」とも呼ぶ。住宅などで使用するものは,はしご形の2つの脚の上部に狭い板をちょうつがいで止め,伸ばせばはしごになるような仕掛けになっている。植木の手入れなどに戸外で使用するものは,はしごと1本の支柱でできている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きゃ‐たつ【脚立/脚×榻】

《「脚榻子」の唐音》短いはしごを八の字形に合わせ、上に板をのせた形の踏み台。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脚立
きゃたつ

高い所の物をとったりするときに乗る台。「きゃたつ」の語源は中国語の「脚踏(きゃくとう)」からきており、室町時代から使われるようになった。鞍掛(くらかけ)、踏継(ふみつぎ)、踏台(ふみだい)などともよばれる。鞍掛は、元来外した鞍を掛けておく台であったが、しだいに踏台にも利用されるようになった。脚立は幅の狭い板に4本の脚(あし)(ほぞ)差しになっているものが多いが、台形の箱に丸い窓をあけた屑(くず)入れ兼用のものや、細い角材を櫓(やぐら)状に組んだものなどもある。大工や左官が使用する脚立には高さ4~5尺(1.2~1.5メートル)のものもある。[小泉和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脚立の関連キーワード踏み台・踏台持ち運び・持運び御厠御丸鞍掛番号持運び制度持運び箱馬継ぎ足踏み台 (horsing stones)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脚立の関連情報