コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四種 シシュ

デジタル大辞泉の解説

し‐しゅ【四種】

四つの種類。
料理で、味噌・塩・酢・酒のこと。しす。

よん‐しゅ【四種】

四つの種類。4種類。
第四種郵便物」の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ししゅ【四種】

四つの種類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の四種の言及

【酢】より

…酢を使った料理の具体的な記載としては《万葉集》巻十六の〈醬酢(ひしおす)に蒜(ひる)搗(つ)き合(か)てて鯛願ふわれにな見せそ水葱(なぎ)の羹(あつもの)〉という長忌寸意吉麿(ながのいみきおきまろ)の歌をもって嚆矢(こうし)とするが,中世後期になるとワサビ酢,ミョウガ酢,タデ酢,カラシ酢などにして盛んになますや刺身に用い,〈酢入り〉〈酢あえ〉などの料理も行われた。また,古くから〈四種(しす)〉と呼んで,塩,醬,酒とともに小さな器に盛り,卓上調味料として食膳に置く風もあった。漬物用としては奈良時代にトウガンやアオナ(カブナ)の酢漬,ナスの酢かす漬の名を見ることができる。…

【調味料】より

…以上のうち,醬,未醬,豉は宮内省大膳職の醬院でも作られており,平安京の東西の市には塩,醬,未醬,あめを売る店もあった。甘葛やあめはおおむねデザートの調理に用いられたが,他は調理用のほか,酢,塩,醬に酒を加えて〈四種(しす)〉と呼び,小型の土器や銀器に盛って卓上調味料ともされた。ちなみに,調味料を用いての調味を具体的に記した最古の文献は《万葉集》巻十六で,そこには〈醬酢(ひしおす)に蒜(ひる)搗き合(か)てて〉といった表現が見られる。…

※「四種」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

四種の関連キーワードtetradecathlon素粒子の相互作用Wヘプタスロン第一種郵便物三摩耶曼荼羅羅睺阿修羅王第四種踏切道サムルノリ通常郵便物四華・四花羯磨曼荼羅第四種踏切懲戒処分四曼相即担保物権郵送貸出常行三昧大曼荼羅航行区域三草四木

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四種の関連情報